COMPANY of ImageQuest

ご挨拶

当社は日本初のAutopsy imaging(Ai)専門のIT企業として2009年7月7日に発足致しました。

Aiは作家海堂尊氏の著書「死因不明社会」で述べられているとおり、日本の死因究明率の低さを補う画期的な診断システムです。
しかしながらこのシステムを日本全国に普及するにはまだまだ課題が多く、特にITシステムはその特殊性から通常の画像診断システムでは対応が困難です。
当社のミッションは、公共衛生に関わるこのシステムをITの技術によって支援することにあります。

またAiを広く普及するには地域医療連携、特に救急医療分野における連携が必要です。
来院時死亡例における異状死届出の判断などの救急医のリスク軽減のためにも、Aiを専門に扱う公正な第三者機関との連携を可能にするシステムが必要であると考えます。
当社はこれまでに培ったIT基盤技術や産学連携による高速画像処理技術をコア技術とし、Aiの普及を見据えた地域医療連携支援もミッションとしております。

業種が異なれば必要なシステムは異なりますが、技術は常に進歩し続けています。
枯れた技術からは安定を。最新の技術からは効率を。
そんなITの理想の追求を企業理念としながらも、Ai普及の一助となるべく、今後も努力を続けていく所存です。

会社概要

社名 株式会社イメージクエスト
事業内容

Autopsy imaging 遠隔読影システムの企画、設計、構築、その他全般的な業務請負

Autopsy imaging ファイル転送システムの販売

救急画像遠隔読影システムの企画、設計、構築

IT基盤のコンサルティング、設計・構築

 

本社

〒210-0854 神奈川県川崎市川崎区浅野町4-13
電話 :  044-333-4100  FAX :  044-333-9984

東京オフィス

〒104-0061 東京都中央区 銀座 4-6-10 ゑり円ビル6F

電話 & FAX : 03-6228-6993

鹿児島オフィス

〒番号890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町13-1 熊本ファミリー不動産ビル6F

電話 & FAX : 099-210-5410

設立 2009年7月7日
資本金 2,245万円
役員

代表取締役 和田 怜

取引銀行

三菱東京UFJ銀行 銀座支店

川崎信用金庫 川崎本店


会社沿革

2009.07.07
資本金1000万にて会社設立 本社:神奈川県川崎市川崎区浅野町4-13
2009.07
韓国Xeron社とAi専用PACS共同開発開始
2009.08
Ai学会夏期症例検討会にてAi遠隔読影用ファイル転送システムを発表
2010.03
主要活動拠点を銀座オフィスに移管
2010.05
株式会社ドクターネットと協業、Ai遠隔読影用PACSを開発
2010.10
ベクトルコア社刊行「診療放射線技師のためのよくわかるオートプシー・イメージング(Ai)検査マニュアル 一部執筆
2011.03
ECR演題発表 独立行政法人放射線医学総合研究所 Ai情報活用推進室と共著
2011.05
トライポッドワークス株式会社と救急遠隔画像診断支援システム用画像変換装置を開発
2011.05
資本金を2,245万円に増資
2011.07
かごしま救急医療遠隔画像診断システム構築を受注
2012.04
鹿児島オフィスを開設し、かごしま救急医療遠隔画像診断サービス事業の支援を開始